カードローンの申込方法

急な入り用などでカードローンでお金を借りようと思った時に申し込みの流れが分からずに不安な人も少なくありません。カードローン会社の種類や申し込んだ方法によってその流れも変わる場合もありますが、大まかな部分ではほぼ同じ流れになります。

 

まず申し込みの方法はインターネットや電話、自動契約機や店頭などから選べます。お金を借りる事を周囲の人には知られたくないケースも多い為に、他の人にも知られずに自分の空いている時間で申し込みが出来るインターネットが人気のある方法です。注意点としては、申込や契約には本人確認の書類が必要になるため事前の確認が必要です。本人確認証は公的証明書を求められるために運転免許証などを準備します。借入金額によっては収入証明書が必要になる場合もあり、会社への在籍確認の連絡がある場合もあります。

 

全ての書類が揃ったら審査が行われますが、審査は安定した収入があるか、返済能力があるかなどを判断されます。場合によっては希望金額を満額借りられない場合もあり、あくまでもローン会社が提示する金額と金利で審査の結果が出るのです。

 

審査の結果はメールや電話で行われますが、急ぎの場合には無人契約機や店頭で申し込めばその場で結果が出る事もあります。最短で30分〜1時間程度で審査が可能であり、審査後そのまま借入も出来る為に急ぎの人は無人契約機や店頭に行く方が安心です。

 

身分証明書は何が必要?

お金を借りる時の必要書類は、本人確認ができる身分証明書が第1に挙げられます。お金の貸し借りの契約をするので、契約者本人の身元が確かであるか調べるとともに、借入ができる成人の年齢に達しているかどうかも見られます。

 

最も有効な身分証明書は、運転免許証です。顔写真が付いていますし、固有の免許番号が付加されているので、容易に身元を照合しやすいのが特徴です。

 

インターネットで申し込みをする際には、顔写真付きの身分証明書が必須で、運転免許証でないとインターネット上での契約ができない金融機関も見られます。運転免許を取得していない方は、顔写真が記載されているマイナンバーカードや住基カードを利用できる所も多いです。

 

運転免許証やマイナンバーカード、住基カードを保有していない場合は、健康保険証などを身分証明書として利用できますが、顔写真が付いていません。確実性を増すために、自治体から発行された印鑑証明書や住民票等の書類を追加して提出する必要があります。申込者名義の公共料金の領収書も追加書類として認めている金融機関もあるので、確認するといいでしょう。

 

借入金額が50万円を超過する場合や複数の借入を合算して100万円を超えそうな場合は、収入の証明書が必要書類となります。会社員でしたら、直近2〜3ヶ月の給料明細や前年度の源泉徴収票のコピーで構いません。個人事業主は収受印が押された直近の確定申告書の控えが必要です。

 

審査が甘いカードローン

キャッシングを利用するには、お金を借りる審査に通過しなくてはなりません。審査とは、「お金を貸した時にきちんと返してくれるか」という返済能力の確認のために行うものです。
審査を行わないで融資してくれる業者はいないので、必ず受ける必要があります。

 

キャッシングは比較的審査が甘いとされているので、大半の方は問題なく通過できます。しかし中には審査通らないと困っている方も少なくはありません。

 

キャッシング審査に通過できない可能性として、「収入が少ない」「他社の借りれに問題がある」かのいずれかが主な理由となっています。
返済をするからには安定した収入が求められます。アルバイトやパートなど収入源は問われませんが、継続的に一定の収入を得ていることが必要です。
また、収入に問題がなくても他社にも借入れがある場合はそちらの情報も加味されます。収入に対する他社の借入額が大きい、返済が滞っている、過去に債務整理をしたなどの情報はすぐにわかってしまうため、トラブルを起こしていると信用ができないとして審査に通過できない可能性が高まります。

 

そのため、借入れの信用情報をクリーンにすること、収入をアップすることが対策になるでしょう。