専業主婦が銀行系カードローンで借りる

 

お金を借りるときには、収入がポイントのです。
収入が少ないと延滞するリスクが高まるので、銀行や消費者金融は利用前に厳しく審査をして、十分な収入があり返済できるのか判断しています。
専業主婦は、自身で稼いだ収入はありません。

 

配偶者である夫の収入はあるものの、自身で稼いだわけではないのでカードローンやキャッシングに申し込みをしても利用できません。
しかし専業主婦に対して収入がポイントとなるのは、総量規制対象である貸金業者のサービスだけです。

 

具体的には貸金業法で定められている消費者金融が該当し、これらの業者に申し込みをすると走路行き性の対象になってしまい、収入の3分の1までしか借り入れができません。

 

つまり収入がゼロの専業主婦は、貸金業法の影響を受ける消費者金融は利用できないと言うことになります。
一方の銀行系カードローンは、貸金業法ではなく銀行法で守られています。

 

そのため銀行系カードローンは総量規制対象外となり、配偶者である夫に十分な収入があれば、専業主婦でもお金を借りることが可能です。
給料日までの生活費がピンチ、急な出費が続いて家計が苦しいと言ったときには、専業主婦でもお金を借りられる総量規制対象外の銀行系カードローンを利用しましょう。

 

専業主婦が夫に内緒で銀行系カードローンを利用するときに気になるのは、在籍確認でしょう。
しかし一部の銀行系カードローンは、夫の勤務先へ電話をかけずにお金を借りることができます。
在籍確認が行われないなら、安心してお金を借りることができるでしょう。

 

また銀行系カードローンは、専業主婦など女性向けのレディースローンを用意しています。
レディースローンなら、対応する銀行系カードローンのスタッフは全て女性です。

 

借り入れの条件が有利になるわけではありませんが、対応してくれるスタッフが女性なら気になる疑問も遠慮なく質問できるでしょう。
専業主婦がお金を借りたいときには、総量規制対象外の銀行系カードローンや不安を解消できる方法を選んで下さい。"