子供や身内にお金を借りる方法

どうしても必要なお金が用意できないときには、借りるというのもひとつの方法です。

 

借用先はいろいろとありますが、まずは身内をかんがえてみましょう。その先としては、まず思いつくのは親や兄弟、姉妹といった相手が多いようです。ふだんからそれなりの付き合いがあるのであれば、用意してくれる可能性は高くなります。

 

それが難しいようであれば、主婦なら旦那に頼むというのもいいかもしれません。旦那には借りにくい、何に使うのだとしつこく聞かれそうだと躊躇しがちですが、きちんと説明すれば出してくれるかもしれません。

 

また意外な貸してくれる相手としては祖母です。おばあちゃんはやはり孫はかわいいものです。ですので、何も聞かずに工面してくれる場合も多いです。また、自分の子供に頼むという方法もあります。

 

ある程度の収入があるのであれば、自分の親だからと、必要なお金を貸してくれます。どのような相手からにしても、やはりふだんからのお付き合いが大切になってきます。

 

ですが身内から借りるのは実はこじれると一番厄介な問題にもなりかねませんので、必ず身内だからといってあいまいにせず、きちんと期日を決めて確実に返済するということが重要です。

 

周囲の人(友達・同僚)からお金を借りる

お金に困ったときは銀行や消費者金融から借りるのが基本ですが、金融機関に申し込みすることに抵抗を覚える方もいるでしょう。

 

こうした方は身近な人に頼んでみる方法もあり、よくあるのは知人や先輩・友達などに申し込みする方法だと言えます。ただし親友から借りる場合は信頼関係を損ねてしまう可能性があるので十分に注意してください。

 

これは恋人にも言えることですが、関係が親密であるほど借金の申し込みをすることに抵抗を覚えるのが普通です。金銭的に余裕のある人のほうが少ないので、誰しも借金の申し込みをされるのは嫌だと考えています。お金を貸してほしいと相手に頼むことによって、嫌われてしまう可能性もありえます。

 

異性や同僚・上司にも言えることですが、基本的に人からお金を借りるのは得策ではありません。そのために銀行や消費者金融などの金融機関が存在するわけです。消費者金融が貸してくれない状態は、借りるために必要な信用力を備えていないことを意味します。

 

もしくは希望額が大きすぎる可能性があるので、10万円くらいに抑えてみるとよいです。10万円でも無理という場合は過去に債務整理・延滞などをしたことが原因かもしれません。また借入件数が多すぎる場合も審査で落ちてしまう可能性が高くなります。