年金生活者がお金を借りる

 

年金受給者がお金を借りたいと考えるときは、年金だけでは不足する状態にあると考えられます。貯金も底をついている状態で、年金のみで生活している状況でしょう。そもそも貯金に余裕があれば、ローンを利用する必要性はないわけです。

 

年金受給者がカードローンやキャッシングを利用する上で注意したいのは、年金で返済できる範囲内で借りることです。年金担保を求められることもありますが、大前提として年金受給者への融資に対応していることがあります。

 

カードローンやキャッシングの多くは非正規雇用の方にも融資しており、特に注意書きがなくても借りられることが多いです。これに対して年金受給者の方は注意書きがなくても、融資を受けられない可能性があります。

 

カードローンやキャッシングの利用で精査されるのは、安定的な収入があることです。年金は定期的に支給されるので安定収入と考えることができますが、給与収入時代と比較して年収は少なくなっています。

 

そのため安定収入と金融機関が判断してくれない可能性があるわけです。年金受給者もOKと記載のあるローンなら問題なく借りることができます。カードローンやキャッシングはローンの中でも審査のハードルは低く設定されています。

 

そのため特別な理由がなければ借入できる可能性が高いわけです。審査に落ちてしまう原因の多くは希望額の設定が大きすぎることによります。ここに注意をしておけば借入できる可能性は高いと言えるでしょう。

 

銀行のカードローンやキャッシングは金利が低く抑えられています。年金受給者に対応したローンもありますから、最初は消費者金融より銀行をおすすめします。

 

申し込みする前には利用可能年齢を確かめておき、自分が該当するかチェックすることが大切です。65歳前後を申し込みできる上限年齢に設定していることは多いので、過ぎていないか確認しておきましょう。返済は年金がたよりになるので、借りすぎは避けて一括返済を意識した利用がおすすめです。