会社員・公務員がお金を借りる方法

 

キャッシングには大きく分けて銀行系カードローンと消費者金融とがありますが、公務員や会社員におすすめのキャッシングはどちらなのでしょうか。イメージ的に、消費者金融を挙げる人が多いかもしれません。親しみやすいCMも多く、何か敷居が低い、借りやすいイメージがあることでしょう。一方で銀行は何かお堅いイメージがあります。ちょっと融通が利きにくそうで、こちらの要望にもあまり応えてくれなさそうに思うかもしれません。

 

このようなイメージは間違いなく大多数の人が持っているもので、おそらくそのとおりでしょう。ですが、お金をお得に借りるという点で言えば、とくに公務員や会社員の人であれば、消費者金融ではなく銀行系カードローンを選ぶのが賢いやり方です。

 

理由としては簡単です、銀行のほうが金利が低いことが多いからです。一般的に、消費者金融でお金を借りる場合の金利は年に18%程度ですが、銀行で借りる場合は15%程度であることが多く、その差は3%くらいあります。

 

たった3%と思われるかもしれませんが、ただ単に相手を変えるだけで3%の違いが生じるのですから、賢く選択しない手はありません。例えば10万円を1年間借りた場合の3%の差というのは3千円となり、確かにたかが3千円ではありますが、逆に誰もただで3千円をくれるということはないでしょう。

 

もちろん銀行は何の理由もなく金利を低めにしてくれているわけではありません。そんなことでは誰もが銀行に行くようになり、消費者金融は倒産してしまいます。この理由は、審査が若干厳しめであるということに尽きます。つまり、貸し倒れになってしまうリスクを少なくすることで、低い金利でもきちんと利益が出るようにしているのです。

 

審査が厳しめということに少し引っ掛かりを覚えるかもしれませんが、公務員や会社員の人と限定したのはしっかりとした理由があります。このような人はそもそも属性の高い人、審査に通りやすい人なのです。ですから、安心して銀行系カードローンを選んでよいのです。