個人事業主がお金を借りる

 

個人事業主でお金を借りる方法は二つあります。
一つは法人としてお金を借りられる方法で、もう一つは個人としてお金を借りられる方法です。

 

自営業やフリーランスを行っている場合には、自分で収入や利益を管理しているわけですから、確定申告で収入証明を行うことができます。
そのため、銀行などでもお金を借りることが可能です。

 

実際に、起業や独立支援を行うために銀行や消費者金融ではビジネスローンという独自のサービスを提供しています。法人専用のサービスはいくつか存在しますので、問題になりません。

 

また、フリーランスの場合にはフリーランスとして活動している地域によってお金を貸してくれるところもあります。
例えば、特定のサイトに依存してサービスを利用している場合には、そのサイトが提供している事業用のローンを使えることもあります。これは、日本国内だけではなく世界的な規模でも同様です。

 

消費者金融に関しても、一律にすべての自営業者に対する融資を行っていないわけではありません。条件次第によってお金を借りることは十分に可能だということを知っておくことです。

 

審査で難点になるのは、基本的に収入証明だけです。収入証明を行う際には、書類で行うのか在籍確認で行うのかの二つがあります。自営業やフリーランスの場合には、起業に属して給料をもらっているわけではありませんので、在籍確認を実施できないというデメリットがあるのです。

 

しかし、書類による収入証明は簡単です。公的機関から資料を要求することはできますので、これによって問題なく手続きができるでしょう。法人用と個人用に関しても、その人が得ている年収や利益によって扱いは異なります。

 

例えば、少額融資のサービスを利用するときにはクレジットカードのキャッシング枠を利用する手段もあります。このサービスも、個人のステータスで使える範囲は異なっています。個人事業主でも使えるローンは多くあるということを知っておくことです。