外国人がお金を借りる

 

外国人でもお金が借りられる方法をまとめてみました。

 

まずは、基本的な知識からですが、日本に旅行に来た外国人や日本で働いていても近い将来に帰国予定の外国人には、キャッシングやローンはできません。

 

では、お話をしていきたいと思います。永住権がなくてもカードローンでお金を借りるためのポイントからお伝えします。

 

一つ目に、毎月決まってお給料をもらっていること。
二つ目に、必ず繋がる職場の連絡先が提示でき在籍が確認できるとこと。
三つ目に日本にがなく済んでいること。
四つめに、日本語の契約書が理解できる程度の日本語能力があること。

 

この4つが大きなポイントになります。

 

カードローンであれば銀行の高い審査基準では通らなくても、ハードルが低く外国籍でも、借り入れがしやすくなります。
他にも、キャッシングサービスがあります。外国人でも誰でも借りれるということではありません。

 

こちらの条件としては一つ目に、日本の永住権を持っていること。
二つ目に、安定した身元と収入が確認できること。
三つ目に、契約の内容を理解できる程度の日本語能力があること。

 

この三つになります。先ほどよりも、条件が厳しく感じますね。

 

ですが、外国人だからといってお金が借りれない、外国籍だからといってお金が借りれないというわけではありません。

 

カードローンやキャッシングサービスを使って、きちんと条件を満たせば借り入れができます。カードローンやキャッシングサービスに共通して言えることは永住権や収入、身元が確認できるものなどで安心材料を増やすことで借り入れができるということになります。

 

日本に長く住んでいる(少なくとも、10年以上がベストと言われています。)外国人や外国籍の方、永住権を持っている方の方が審査に通りやすくなるというのは納得です。

 

日本人でも、素行が悪く、身元のわからないような人にはお金は貸してもらえないので、常識的な範囲で行動をしていれば方法はいくつかあり問題はないかと思います。ですが、無理なお金のやりくりだけは避けましょうね!無理ない範囲でお金を使いましょう。